トリア VIO

トリアのVIO脱毛について真相を暴露!

トリア脱毛器でVIOの処理を検討していませんか?VIOの脱毛がOKなのかネットで検索してみるとトリアでVIO処理している人を結構みかけます。

 

すでにご存知かもしれませんが脱毛器トリアはVIOの『V』ラインに使用できますが『I』ライン、『O』ラインの使用はすすめられていません。なぜなら『I』『O』ゾーンはメラニン色素の大集合ゾーンだから。肌が黒ずんでいる人もいますよね。このエリアは。そうするとレーザーが肌にまで反応します(だから黒人さんや日焼けをもろにしている人は使用できない)。

 

ただでさえ肌が弱くデリケートな部分なのにそのうえ毛の密集地帯。想像しただけで痛いですよね。

 

Vライン→○
Iライン→×
Oライン→×

 

ということになります。でもそれを承知でトリアを無視して全自己責任でIOラインに使っているイレギュラーな人たちが結構いらっしゃいます。うん。確かに気持ちは分かります。ここだけの話、自分もこっそり挑戦しましたから。だって痛くないなら脱毛できるところすべてしたいですもんね。

 

しかも恥ずかしい部分なので余計に自分でしたい。エステやクリニックだとペースが遅いし、処理漏れがあった場合にあとから困るのでだったら自分で好きなだけレーザー処理したい。そんな感じでした。

 

>>トリアが全額返金保証つき&キャンペーン中!詳細はこちら

 

皮膚麻酔クリームに警告!トリアとの関係

 

でもトリア脱毛のVIOは痛いと下調べの段階でなんとなく覚悟していました。そこで痛みを軽減する方法や対策も同時にリサーチした結果、氷や保冷剤を肌に当てる。もしくは麻酔クリームを使う。この2つでした。

 

しかし、麻酔クリームってそもそも日本で販売禁止みたいなのです。それで個人輸入という方法になるようなのですが、何かモワモワした気持ちが。さらに調べていくとどうやらFDA(米国食品医薬品局)は、麻酔こうかを持っている局所麻酔薬のかんする警告をだしていました。皮膚麻酔クリームもそれに含まれます。

 

副作用として不規則な心拍や昏睡、発作など危篤状態になったり呼吸が遅くなったり最悪の場合、停止する可能性もあるようです。

 

トリアはFDAから安全性と効果を認められた商品です。

 

麻酔クリームは医師の処方箋なしで店頭で購入できますが(日本国内は不可能)、そのFDAから非承認となった麻酔クリームが実際にあるためちょっと使うのをやめました。

 

トリアを最大限に発揮する使い方のコツ

 

まず、どの部位にトリアレーザー脱毛を使用するのに最善なタイミングは成長期です。お肌というのは成長期、退行期、休止期という3つの特徴ををもった毛周期と呼ばれるサイクルがあります。
その毛周期にあわせ2週間に1度ペースでトリア脱毛をするのが効果を最大限に発揮するコツです。最初の3ヶ月くらいはレーザーをうっても毛は生えてくるので効果がないと思わないでください。たった1度や2度で生えなくなった!ということはありません。焦らず気長に続けていきましょう。

 

それと脱毛前に必ず表面にでている毛は剃ってください。表面下の毛だけにアプローチしたいのでムダな部分にアプローチしてしまってはその分、効果も減ります。

 

そして、私はやはり保冷剤がないとVIO処理はできません。保冷剤が用意できない場合には氷で対応。ビニール袋に氷を入れて脱毛したい局部に当てます。もちろん冷たいですが1分くらい当てられるといいですね。麻痺します。そのまま脱毛。私の場合、レベル3まではVラインに関しては痛みを感じません。

 

みんさんもこれらの情報を参考になさってみてください。
もう、カミソリ負けやデートで困らない!そんな自分を目指せるかもしれませんね。

 

>>トリアが全額返金保証つき&キャンペーン中!詳細はこちら