トリア ケノン

トリアとケノン【性能や保証についてリサーチ!比較まとめ】

脱毛器を探した時に2つのブランドを比較し悩みました。「トリア」と「ケノン」です。

 

照射方式も違いますし、メーカーがある国も違います(トリアはアメリカ、ケノンは日本)。私は価格、脱毛したい口周りや指先・ビキニラインなどの細かい部分に使えるか、実際に効果はどうなのかを比較してみました。

 

(ちなみに「トリア パーソナルレーザー脱毛器」には、正式名称で「トリア パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン」と「トリアパーソナルレーザー脱毛器4x」の2種類があります)

 

>>トリアが返金保証付&キャンペーン中!詳細ページはこちら

 

トリアvsケノン果たしてどっち?

 

1)価格について
トリアは36,800円(プレシジョン)、54,800円(4x)の2種類。ケノンは69,800円(ケノンの定価は98,000円のようですが、かなり定期的に割引を行い実質定価は69,800円のようです)。まずこの時点で、心は大きくトリアに動きました。36,800円なら、半額近い!やはりこの値段差は大きいです。

 

2)細かい部分への使用について
結論から言うと、細かい部分は「トリア パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン」が一番向いています。

 

まず「トリア」と「ケノン」の差ですが、充電式かコンセント式の違いになります。ケノンは本体にハンドピース(持ち手)がコードでつながっているタイプです。「トリア」の方がコードがなく、様々な場所に使いやすそうです。

 

次に重さですが、トリアは200g(プレシジョン)、584g(4x)、ケノンは120gになります。トリア脱毛器4xになると重い感じがしますが、トリア脱毛器プレシジョンならケノンとそんなに変わらないように感じました。

 

最大の決め手は照射面積でした。

 

トリアは1平方センチメートルですが、ケノンは7平方センチメートル(最も使うカートリッジタイプで)。一気にさっさと進めたい人にはケノンがいいのかもしれませんが、私は口周りや指先、ビキニラインなど細かい部位に使いたいので(重さの差はあまり気にならないし)、それならコードがなくて小回りが利いて使いやすそうな「トリア パーソナルレーザー脱毛器プレシジョン」が良いと判断しました。

 

3)効果について
効果は、口コミなどを見ると2つの照射方式に大きく関係するようです。

 

「トリア」はクリニックで使われるレーザー式を採用。毛根から熱で溶かして3ヵ月程度で効果が。一方、「ケノン」はエステで使われるフラッシュ式(いわゆる光脱毛・IPL脱毛方式)を利用。光がムダ毛や毛根に反応し6ヵ月程度で一定の効果になるようです。正直、私は使いはじめたら早く効果を出したいと思いますので、ここでも「トリア」が優勢でした。

 

トリアの最後の決め手は返金保証があるから

 

私はこうして、「トリア パーソナルレーザー脱毛器」に決めました。ケノンはコンセント式なのに対しトリアはコードレスだから自由に動けます。そしてトリア脱毛器プレシジョンならケノンとそれほど重さも変わりません。

 

ちなみにトリアを選ぶ場合、細かな部分は4Xとプレシジョンならプレシジョンのほうが軽量で小回りがきいて負担にならないと思います。しかもプレシジョンでも勿論、ほかの箇所も脱毛できますし。

 

最後の決め手となったのは返金保証がついていることでした。なので1番都合の良い買い方としては最初に返金保証付きのトリアをためしてダメだったら返金保証の無いケノンで最終決断するという考えでまとまりました。

 

>>トリアが返金保証付&キャンペーン中!詳細ページはこちら